BLOG

スエヒロの社員があれこれアップしていきます

社員インタビュー

逃げないこと T.M(1992年入社)

(インタビュアー=O)

O:スエヒロ設計事務所の上司であり大先輩にあたるM部長にお話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。
M:何話せばいいの?プロフィールとか?

O:それも聞きたいですけど(笑)まずは仕事をしていて楽しいことって何ですか?
M:現場に行くと、色々な人に出会えることかな。
O:色々な人!確かにそうですね。
M:ゼネコンの人、設備の人、設計の人、職人さん、時には施主の人、
  そういう様々な職種の人たちと知り合う、そして一つの建物を建てていくのが楽しいよね。
  だからどこの現場に行っても出来るだけ色々な人と話すようにしてる。
O:コミュニケーションですね。
M:そう、コミュニケーション。
  昔よく上司に「用がなくても設計事務所に一日一回行って監理の顔みておけ」って言われたんだよ。
  それを今もやるようにしてる。
O:それって、行って何を話すんですか?ただ顔見るだけですか?
M:いやいや(笑)
  もうこの図面返ってくるはずなんですけど、とかね。
  結局、監理はどんどん図面が来るから分かんなくなっちゃうんだよね。それで溜まっていっちゃう。
  紙に「至急!」って書いてあっても、上に別の図面ポンっておいたらもうその紙見えなくなっちゃうし。
  だから行って優先順位をつけてあげたり、そういう仕事の話をする。で、ついでに雑談もする(笑)
  そういうのが大事だよね。

O:仕事をやっていて大変だなぁって思うことはありますか?
M:大変?んー、大変・・・
O:辞めたいな、ってなかったですか?
M:ああ、辞めたいはないなぁ。
O:ないですか!でも帰りが深夜になったりすることもあるじゃないですか。
  それでも辞めたいなと思ったことはないですか?
M:それでも辞めたいなと思ったことはないね。
  早く終わらせたいなとは思うけど(笑)
  仕事は楽しいし、俺にはあってるのかな。

O:施工図を書くにあたって何か心構えはありますか
M:逃げないこと
O:逃げない?
M:面倒くさそうなことから逃げちゃダメ。
  どうしても皆、簡単そうなところからやろうとしちゃうよね。
  だから俺は難しそうなところからやる。
  現場でなんとかやってくれているだろうと思って手を付けないでおくと、
   実際見に行ったときに出来てなくて「あれ?」ってなる。
O:私もそれありました!!
  現場に行ったら逆に職人さんにどうなってるのどうなってるのって質問されて!
M:ね、だから逃げちゃだめなんだよ
  そういうところは後で問題になって、結局は自分の首絞めちゃうから

O:仕事していて良かったなと思うことはなんですか?
M:やっぱり人間関係かな。
  仲良くなった人とゴルフ行ったりね。
O:よく社会人になると友達増えないって言いますけど・・・
M:あー、俺逆だな。
  社会人になってからの方が友達増えた。
  変な話、今俺が死んだら葬式に来てくれる学生時代の友達は4人くらいしかいないと思う(笑)

O:趣味のゴルフはいつから始めたのですか?
M:社員旅行で海外に行って初めてやって。本格的に始めたのは40歳くらいからかな。
  子供も大きくなって、給料もそれなりに上がって余裕が出来たしね。

O:施工図の仕事を始めたきっかけは何ですか?
M:専門学校を卒業した後は意匠設計やりたかったけど落ちちゃって。そもそも意匠設計のセンスなかったんだよね。
  卒業設計も人の真似したり(笑)で、そんなとき良さそうな求人見つけて。
  仕事内容は主に施工図ってあったけど、そのときは施工図って何やってるのかイマイチ分からなかったよ(笑)

O:部長が入社されたとき、スエヒロ設計事務所の社員は何人くらいだったんですか?
M:12~13人くらいしかいなかったな。
O:じゃあそこから会社や人を育ててきたんですね!最後に、人を育てていく上で大事なことは何ですか?
M:焦らず、じっくり根気よく教えること。そして見本を示せるような姿を見せることを心掛けているね。
O:私もM部長の背中を見て頑張ります!今日はありがとうございました!

0
PAGETOP